公務員になりたい薬剤師のためのサイト

公務員薬剤師を目指される薬剤師さんを応援しています
 

公務員薬剤師採用までの流れ

現代人が健康に生活をしていくためには、さまざまなものがが必要となってきます。そういった中で、薬というものは、現代という時代を生きていくのには重要な物となっています。

薬と一言で言っても、さまざまの種類が存在していますが、病院などの医療機関によって使用されたり配布されるものを指す場合が一般的です。この、薬を扱う職業には、薬剤師といったものがあります。 薬剤師の業務は多岐に渡っていますが、主な業務を挙げるとすれば、薬を目的に応じて調合したりするということを行います。また、こういったことをはじめとして、薬剤に関して総合的な扱うような業務も行います。

薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格をする必要があります。資格取得後は、薬局であったり、病院などの医療機関、または、薬剤製造機関などから求人があるので、そういった方面に進むということが多いようです。 しかし、公務員薬剤師という役職も存在しているようです。この場合、国家資格のみならず、公務員試験も合格する必要があります。薬剤師が公務員として採用されるには、いくつかのステップを通らなければならないようです。

まず、都道府県の人事委員会による公務員試験というものに合格しなければなりません。これは、基本的に1次試験と2次試験に分かれています。1次試験では、教養試験や専門的な試験を行い、2次試験においては、個人面接や集団討論、 そして論文試験などがあるようです。特に、2次試験における面接は重要視されているようです。これは、行政で採用され働くということは、地域住民などと接する機会が多いために、 コミュニケーション能力などが重視されるといったことがあるためのようです。

採用の条件として、試験を行う都道府県出身者に有利な採用をされるのではないかといったものもあるようですが、そういったことはありません。出身地や出身校、または性別などによって扱いが変わるということはなく、 誰もが平等に扱われます。公務員となった後は、求人が出されているのはやはり都道府県で運営されているような機関のようです。県庁や保健所、都道府県で運営している病院など、 多くの場所から求人があるようです。

薬剤師という専門的な資格を持っており、且つ、公務員として働くということは、安定した条件で業務に当たることができるということがあります。したがって、薬剤に関する専門的な能力を発揮しやすいといえるでしょう。

 

 

 

ホームへ戻る
 
(C) Copyright 公務員になりたい薬剤師のためのサイト All rights reserved.