公務員になりたい薬剤師のためのサイト

公務員薬剤師を目指される薬剤師さんを応援しています
 

公務員薬剤師の採用試験

薬剤師の資格を持っているからといって、必ずしも病院や薬局に勤務しなければならないわけではありません。公認会計士が捜査二課で企業犯罪の刑事になるのと同様、 あるいは弁護士が民間企業の法務部門に就職するのと同様、その専門資格が一般にイメージされるフィールドとは異なったところで必要とされることもあるのです。 そうした意味では、薬剤師の場合は、特に公務員としての求人が多く見られます。

薬剤師としての公務員は、公立の病院での調剤業務が主なものとなります。調剤以外の仕事としても、たとえば民間の薬局などへの立ち入り検査や指導を専門とする仕事、保健所での仕事、 麻薬取締官や食品衛生監視員などがあります。公務員には国家公務員と地方公務員とがあります。それぞれに、一種や二種などと段階があります。薬剤師も、他の職種と同様に、これらの採用試験を受けることになります。

採用試験は通常、1次試験と2次試験に分けられます。別の言い方をすれば、筆記試験と面接試験ということになります。1次試験である筆記については、教養分野と専門分野の2種類の試験を受けることになります。 2次試験である面接については、人物試験とも言われ、公務員採用試験においては特に重視されるものになります。薬剤師としての公務員の求人は非常に多いため、在籍する薬学部の就職コーナーでも確認することができるでしょう。 一般には6月ごろから求人の開始が始まりますが、都道府県や市町村によっても試験日程は異なってくため、各自あらかじめ調べておく必要があります。

なお、薬剤師の国家試験も、公務員の採用試験も、同じ試験である点では共通します。ただし、薬剤師の場合は、一定レベルの専門知識を備えているかどうかを判定される類のものであり、 レベルをクリアしている限り誰でも合格します。つまり、定員がないのです。それに対し公務員採用試験には、定員があります。一定レベルをクリアしているかどうかではなく、同じ試験を受けている人たちの中で、 上から順番に合格します。この点が、同じ試験でもその性質を大きく異にするものです。

公務員は、一度採用すると基本的には解雇がありません。民間企業とはその点が大きく異なります。解雇がないということは、採用で間違うわけにはいかないのです。民間企業が採用で間違った場合は、 そうした人はその後の仕事で必ずミスを連発するでしょう。やがて会社にはいられない状況になります。しかし、公務員はミスを連発しても、解雇にはできないのです。 これが、公務員試験が人物を特に重視すると言われるゆえんでもあります。教養の知識が高くても、専門知識が高くても、人物試験で落とされる人が多いのは、このためです。 筆記よりも面接のほうが配点は高い傾向があるので、この点はよく自覚して試験にのぞむと良いでしょう。

 

 

ホームへ戻る
 
(C) Copyright 公務員になりたい薬剤師のためのサイト All rights reserved.