公務員になりたい薬剤師のためのサイト

公務員薬剤師を目指される薬剤師さんを応援しています
 

公務員薬剤師の特徴

近年では多くの人が薬剤師になろうとしていると言えます。その理由として言われているのが、薬剤師は非常に専門性が高い職業であり、一度この資格を取得すると仕事に困ることがないといわれているためです。
特にこの仕事は医療関係の仕事であるため、今後の日本の高齢化社会を考慮すると、よりその需要や給与が上昇していくといわれている仕事といわれています。 高齢化社会では多くの高齢者が発生することから、その高齢者に対して薬剤師として薬の調合をしたり、その薬の飲み方などを説明する必要があるためです。特に高齢者の場合は、薬の誤飲の可能性もあることから、 より慎重に薬剤師が対応する必要があります。

一般的に薬剤師になるには、大学の薬学部で6年間の専門的な学習や研究を行い、大学を卒業した後に国家試験に合格する必要があります。この試験は非常に合格率が低く、 試験に合格することが非常に難しいものといわれています。そのため、多くの勉強時間が必要になります。国家試験に合格後は、求人票をみて、勤務先を探すことになりますが、こうした職業の勤務先として、 民間病院やドラッグストアーの求人の他にも、公務員として働くという求人もあります。

公務員として働く場合は、その特徴として公務員試験に合格しなければならないといわれています。この公務員試験は非常に倍率が高く難しいといわれています。その理由として、公務員薬剤師の勤務先については、 その自治体が保有する医療機関で働くことが一般的ですが、そうした勤務先は非常に限られるため、求人数が非常に少ないため、結果として希望者に対して求人数が非常に少なく倍率が高くなってしまうことが その難しさの理由となっています。

また、それ以外の特徴として、公務員薬剤師の給与はその他の公務員と比較して高いことか挙げられます。薬剤師はその育成過程から、非常に専門性が高く、その技術も高度なものとされています。 そのため、それ以外の公務員と比較してその分の資格手当てや技術手当てが上乗せされるため、結果として給与が高くなることがその特徴として言われています。

また、こうした職業については、他の民間企業と比較してリストラなどがないと言われています。そのため、一度公務員薬剤師になると、給与や地位が安定化した職業になるため、 自らの仕事や人生が計画を立てやすいというメリットがあります。そのため、多くの人が公務員薬剤師になりたがっているといわれています。

 

 

 

ホームへ戻る
 
(C) Copyright 公務員になりたい薬剤師のためのサイト All rights reserved.